IOTC アイオーティカーボン株式会社
お問い合わせ

ホーム > 環境への取り組み

環境への取り組み

環境への取り組み

IOTCは地域環境のために設立されました

アイオーティカーボンは、環境と調和するまちづくりを目指す「富山市エコタウン事業」の第一期事業で、
平成15年度に木質系リサイクル業として操業を始めました。
以後、事業拠点の「富山市エコタウン産業団地」で地域の資源循環に積極的に取り組んでいます。
⇒「富山市エコタウン」の詳しい情報は、こちらから

登録・許可

種類

登録/許可番号

登録状況

備考

エコアクション21

0001935

認証登録日:2007年10月17日
有効期限日:2015年10月16日

「エコアクション21」とは、国際規格の「ISO14001」をベースに環境省が策定したガイドラインです。事業者が、環境への取組を効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取り組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について定めており、ガイドラインに基づいた取り組みを行う事業者を審査し、認証・登録する制度です。

一般廃棄物処理業許可

24101810

平成25年3月24日更新
有効期間:平成27年3月23日

 

産業廃棄物処分業許可

08524101810

平成25年3月24日更新
有効期間:平成30年3月23日

 

施設維持管理情報を公開しています

■産業廃棄物処理施設維持管理記録
平成23年4月に改正された廃棄物処理法では、産業廃棄物処理施設の設置者は維持管理に関する情報を
インターネット等によって公表することを義務付けています。
IOTCでは対象となる焼却炉の維持管理情報を開示しています。

産業廃棄物処理施設焼却維持管理報告(H29.4月分)

環境理念・方針

人間の活動が引き起こす環境の変化により、地球から種(シュ)が消えていく状況を深刻に捉え、大切な水や空気を守るため、アイオーティカーボンは事業活動のあらゆる過程において、環境負荷の低減を考え、行動するとともに、持続的な発展が可能な社会づくりに貢献します。

アイオーティカーボンは、事業活動・木質系リサイクル業(木炭製造・販売)を通して下記の基本方針の下、環境保全活動に取り組みます。

  1. 環境保全の取組み
    事業活動を通して周囲環境に与える影響をできる限り抑制することに努める。
    そのため次の環境関連法等を遵守し、地域との共生を図る。
    大気汚染防止法、ダイオキシン類特別措置法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律、富山県公害防止条例、環境保全に関する協定書 等

  2. 環境目標の設定
    環境目標を制定し、二酸化炭素の排出量、上水使用量、廃棄物排出量を把握し、抑制削減に努める。

  3. 環境活動計画の策定と実行
    年度始めに年度環境活動計画を策定する。
    計画には環境目標等の達成状況を定期的に確認する仕組みを取り入れ、取組みはPDCAサイクルにより継続的な改善を図る。

  4. 環境保護商品の開発
    リサイクルで発生した木炭の機能性を活かした生活雑貨の開発販売を積極的に進める。また、燃料用・製紙用・バイオマス燃料用等の木チップについて、更なる開発を推進する。

  5. 環境コミュニケーションの推進
    本基本方針を全社員に周知・徹底すると同時に、環境に対する教育を推進する。
    また、社内で制定した環境目標の推移を掲示するなどの見える化を進め、勉強会・講習会などを通して環境意識の醸成を図る。


IOTC
Copyright (c) IOT Carbon Inc. All rights reserved.

アイオーティカーボン株式会社  お問い合わせ